トップページ収蔵紹介歴史 > 3.幕末維新 -1.肖像画

収蔵紹介

理工地学植物動物考古歴史天文
歴史歴史 |1.大内氏の時代 |2.毛利氏の時代
|3.幕末維新 -1.肖像画  -2.その他
|4.近代国家のあゆみ |5.山口県のやきもの |6.山口博物館のあゆみ

3.幕末維新 -1.肖像画


毛利敬親肖像画
 敬親(1819〜1871)は幕末・維新期の藩主で、村田清風を登用して藩政改革を進めました。また、藩校明倫館の移転・拡張や、武備の強化などを実施しました。この肖像は原田直次郎が描いたものです。
拡大

村田清風肖像画
 清風(1783〜1855)は、藩借財の整理・産物専売制の推進・下関の越荷方の拡大など、天保期の藩政改革を指導しました。
拡大

周布政之助肖像画
 政之助(1823〜1864)は幕末の藩政改革や尊王攘夷運動を推進しました。
拡大

高杉晋作肖像画
 晋作(1839〜1867)は尊王攘夷運動や討幕派の中心人物として活躍しました。文久3(1863)年、従来の身分にとらわれない軍隊の「奇兵隊」を組織しました。
拡大

木戸孝允肖像画
 孝允(1833〜1877)は明治維新の指導的政治家として活躍し、西郷隆盛・大久保利通とともに「維新の三傑」と呼ばれています。
拡大

寺内正毅肖像画
 寺内正毅(1852〜1919)は、陸軍大臣・朝鮮総督などを歴任し、大正5(1916)年総理大臣となりました。この肖像は岡田三郎助が描いたものです。
拡大

[ HOME ] [ 戻る ]

HOME概要利用案内展示案内イベント情報収蔵紹介リンク集サイトマップサイトポリシー