トップページ収蔵紹介植物 > シダ植物 PTERIDOPHYTEA

収蔵紹介

理工地学植物動物考古歴史天文
植物植物 シダ植物種子植物絶滅危惧植物

シダ植物 PTERIDOPHYTEA

 山口県内において特長的な分布を示す代表的な種を揚げ、シダ植物によるフローラを概観します。

【和名】イチョウシダ
【学名】Asplenium ruta-uraria
 チャセンシダ科。常緑性の小形のシダで北半球に広く分布し、日本では北海道〜九州の山地の石灰岩上にだけ稀に見られます。山口県では秋吉台が知られています。
拡大

【和名】イヌドクサ
【学名】Equisetum ramosissimum
 トクサ科。本州〜南西諸島に分布しますが、山口県では稀な種で南西部の一部にしか確認されていません。河原の砂れき地を好むため、護岸工事や開発など環境破壊で減少しています。
拡大

【和名】オオカグマ
【学名】Woodwardia japonica
 シシガシラ科。南の暖温〜亜熱帯地域に起源を持つシダで、九州では普通ですが本州では稀な存在になります。内陸まで入り込む特徴があり、萩近辺が北限線の一部と考えられています。
拡大

【和名】オオフジシダ
【学名】Monachosorum flagellare
 コバノイシカグマ科。中部地方以西の本州と四国・九州の暖地の山林を好んで生育します。山口県でも山陽側に多く見られます。
拡大

【和名】カサヤマイノデ
【学名】Polystichum × kasayamense
 オシダ科。1967年に山口県萩市で初めて発見されたシダです。同科のホソイノデとイノデの雑種であり、両種の形質を持っています。萩市が世界で唯一の産地です。
拡大

【和名】クジャクフモトシダ
【学名】Microlepia marginata var. bipinnata
 コバノイシカグマ科。山口県の西沿岸から山陰にかけて見られます。暖地性の植物であり、その分布は山口県内で限止しており以北には及んでいません。
拡大

【和名】コタニワタリ
【学名】Asplenium scolopendrium
 チャセンシダ科。常緑性のシダで、北海道〜九州の主として冷温帯に自生しています。山口県ではしばしば山地に見られ、萩市のように沿海部に見られるのは特殊な例です。
拡大

【和名】ヤマソテツ
【学名】Plagiogyria matsumureana
 キジノオシダ科。南千島から本州、四国に分布する、冷温帯に多い夏緑性のシダです。ブナ林の陰湿な林床を好み、ブナ林の良い指標にもなります。本州最西端の山地は山口市の方便山です。
拡大


  

[ HOME ] [ 戻る ]

HOME概要利用案内展示案内イベント情報収蔵紹介リンク集サイトマップサイトポリシー