トップページ収蔵紹介地学 > 1-3 新生代の化石

収蔵紹介

理工地学植物動物考古歴史天文
地学地学 1.化石標本: 古生代の化石中生代の化石新生代の化石
2.岩石標本: 深成岩半深成岩火山岩火砕岩砕屑性堆積岩生物的堆積岩化学的堆積岩広域変成岩接触変成岩大洋底変成岩
3.鉱物標本: 岩国地域柳井地域徳山〜秋穂地域阿東地域阿武地域山口周辺地域宇部地域秋吉地域油谷〜下関地域
4.火山写真: 下関火山群阿武火山群青野火山群その他
山口県の化石

1-3 新生代の化石

 山口県の秋吉台や瀬戸内海は、かつてオオツノシカやナウマンゾウなどがかっぽしていた草原であり、その当時のほ乳類動物を化石で見ることができます。また、山口県の新生代第三系の地層からカメの化石、クジラの化石、植物化石、貝類化石などが産出しています。

ツリテラ(巻貝類)
下関市彦島産
 下関市彦島・豊北町特牛には、新生代の古第三系の地層(芦屋層群・日置層群)にはグリキメリス(タマキガイの仲間)、ドシニア(カガミガイの仲間)、ツリテラ(キリガイダマシの仲間)などの化石が産出します。ツリテラは現在のキリガイダマシの祖先です。
拡大

ベネリカルディア(二枚貝類)
下関市豊北町特牛産
 豊北町特牛ではベネリカルディア(フミガイの仲間)が立ったまま化石となっています。その化石が採集される地層の上には火山灰の地層がのっています。火山活動の影響を受けて、生き埋めになったものと考えられています。
拡大

ニッポンサバリテス(被子植物)
宇部市東須恵上梅田産
 新生代の植物化石は、中生代に栄えたシダ植物、ソテツ植物、イチョウ植物がはなはだ少なくなり、かわりに、球果植物や被子植物が急激に多くなります。また、現生の種に近くなり、見た目は現在のものとほとんど変わりません。山口県では、宇部市、油谷町大坊、日置町野田、下関市幡生、柳井市平郡、岩国市阿品に植物化石が産出しています。
拡大

クジラ(脊椎骨)(ほ乳類)
下関市豊北町神田産
 クジラは、新生代に出現したほ乳類で、日本の中新統 (今からおよそ2300万年前の地層)から化石としてたくさん産出されています。山口県では、下関市彦島、豊北町特牛、日置町黄波戸からかなりの数のものが発見されています。
拡大

カルカロドン(魚類)(模型)
下関市豊北町金子島産
 サメは、古生代デボン紀(約4億年前)に出現し現在では400種類を越えるなかまがいます。軟骨魚類の名前のように骨までやわらかく歯以外は化石として残ることは滅多にありません。サメの歯の化石は、山口県では、下関市彦島・豊北町特牛・日置町黄波戸からかなりの数のものが発見されています。カルカロドンはジョーズとして知られるホホジロザメの祖先です。
拡大

スッポン(は虫類)(模型)
下関市豊北町特牛産
 カメは中生代トリアス紀に出現したは虫類です。日本ではカメの化石の産出はまれですが、山口県では、須佐町の採石所からウミガメ化石が5体、宇部市の炭鉱所及び豊北町特牛からスッポン化石が発見されています。茶色の部分が実際に産出したスッポンの肋板の部分です。約3000万年前のカメです。
拡大

貝化石密集砂岩(二枚貝類)
長門市日置大内産
 山口県は古第三紀の貝化石が大量に産出されることで知られています。およそ3000万年前のものですが、保存状態がよく化石とは思われないほどです。中に入っている化石は、グリキメリス(タマキガイのなかま)とドシニア(カガミガイのなかま)です。日置町大内をはじめ、下関市彦島、豊北町特牛からも出ます。
拡大

パチノペクテン(二枚貝類)
萩市須佐前地産
 油谷町・須佐町には、新生代の新第三系(油谷湾層群・須佐層群)が分布しており、そこからはパチノペクテン(ホタテガイの仲間)、ソレテリナ(ムラサキガイの仲間)、アツリア(オウムガイの仲間)などがでています。パチノペクテンは現在のホタテ貝の祖先です。
拡大

スサガメ(は虫類)
萩市須佐前地産
 カメは中生代トリアス紀に出現したは虫類です。日本では、カメの化石の産出はまれですが、山口県では、須佐町の採石所からウミガメ化石が5体も発見されました。これは、1500万年前のもので、プロコルポケリス・スサエンシスと命名されました。
拡大

リソサムニウム(石灰ソウ類)
長門市油谷白石産
 大津郡油谷町の油谷島に、厚さ1.3〜2mでレンズ状の藻類石灰岩(リソサムニウム石灰岩と呼ばれている)の露頭が見られます。この石灰岩は、おもにリソフィラム、デルマトリソン、メソフィラムなどの藻類から構成されています。ところによっては、ウニ、コケムシ、二枚貝なども含まれています。
拡大


  1/2 次へ>>

[ HOME ] [ 戻る ]

HOME概要利用案内展示案内イベント情報収蔵紹介リンク集サイトマップサイトポリシー