収蔵紹介

理工地学植物動物考古歴史天文
考古考古 |1.山口県周辺の縄文時代資料 |2.東日本の縄文時代資料
|3.山口県周辺の弥生時代資料 |4.山口県周辺の古墳時代資料
|5.山口県周辺の古代寺院跡出土資料 |6.山口県周辺出土の銭貨
|7.石器石材参考資料 |8.考古複製・模造資料
磨製石斧

山口市亀山
 伐採等を目的とする弥生時代の磨製石斧で、太形蛤刃石斧と呼んでいます。なお亀山は当博物館の南西に隣接する標高約68m、比高差約30mの孤立丘陵で、1952(昭和27)年の遺跡発見以後、山麓西半部を中心に弥生時代中期の遺物や遺構が発見されました。

磨製石斧
次へ

[ HOME ] [ 戻る ]

HOME概要利用案内展示案内イベント情報収蔵紹介リンク集サイトマップ