収蔵紹介

理工地学植物動物考古歴史天文
天文天文 1.隕石 -1.分類標本 -2.山口県落下隕石2.テクタイト
| 3.天文史料 -1.暦類 -2.古星図 -3.望遠鏡および測器類 -4.天文史跡
| 4.近現代の星図 -1.近現代の星図 -2.近現代の星表
| 5.天体写真 -1.星座 -2.日の出・日の入6.その他
仁保隕石の碑(山口県山口市)

 1897年(明治30年)8月8日午後10時30分頃、山口市仁保(にほ)中郷・井開田(いかいだ)東、信行寺(しんぎょうじ)付近に2個、山口市宮野上・河原付近に1個の隕石が落下し、仁保隕石(1号、2号、3号)と名付けられました。落下当時の記録には「天地俄に変色して青色となり」とか、落下直後の隕石は「いまだ暖気あり」などと記されています。
 落下100年を記念して、仁保隕石の記念碑が山口市の信行寺境内に建立されました。この記念碑は落下してきた方向や、およその高度がわかるように作られています。

仁保隕石の碑(山口県山口市)
次へ

[ HOME ] [ 戻る ]

HOME概要利用案内展示案内イベント情報収蔵紹介リンク集サイトマップ