収蔵紹介

理工地学植物動物考古歴史天文
考古考古 |1.山口県周辺の縄文時代資料 |2.東日本の縄文時代資料
|3.山口県周辺の弥生時代資料 |4.山口県周辺の古墳時代資料
|5.山口県周辺の古代寺院跡出土資料 |6.山口県周辺出土の銭貨
|7.石器石材参考資料 |8.考古複製・模造資料
弥生時代終末期の土器群

宇部市大須賀墳墓群
 大須賀遺跡は山口湾を望む海岸沿いの砂丘帯上に立地しています。1953(昭和28)年に発掘調査が実施されましたが、本資料群はこの際、箱式石棺などで構成される墓域から発見されたものです。壺、鉢、高杯などで構成され、弥生時代終末〜古墳時代初頭の特徴をよくあらわしています。

弥生時代終末期の土器群
次へ

[ HOME ] [ 戻る ]

HOME概要利用案内展示案内イベント情報収蔵紹介リンク集サイトマップ