収蔵紹介

理工地学植物動物考古歴史天文
考古考古 |1.山口県周辺の縄文時代資料 |2.東日本の縄文時代資料
|3.山口県周辺の弥生時代資料 |4.山口県周辺の古墳時代資料
|5.山口県周辺の古代寺院跡出土資料 |6.山口県周辺出土の銭貨
|7.石器石材参考資料 |8.考古複製・模造資料
複合口縁壺

宇部市大須賀墳墓群
 複合口縁壺とは周防、長門の弥生時代後期〜古墳時代初期を特徴付ける土器の1つで、広義では周防東部を中心とする「吹越(ふきこし)式」土器に含まれますが、口縁が無文であり、さらに頸胴部境には粘土紐による装飾(突帯)をもたないなど、長門方面(日本海側)の影響を加味する必要があります。
 本資料は古墳時代初頭に向けた過渡期段階の土器です。二段に成形された口縁の端部は外反、胴部は球胴化し、底部が丸底化に向かうなど、古墳時代的な新要素を多く備えています。胴部下半に円孔が穿たれていることから、幼児用壺棺の可能性がもたれます。

複合口縁壺
次へ

[ HOME ] [ 戻る ]

HOME概要利用案内展示案内イベント情報収蔵紹介リンク集サイトマップ