収蔵紹介

理工地学植物動物考古歴史天文
考古考古 |1.山口県周辺の縄文時代資料 |2.東日本の縄文時代資料
|3.山口県周辺の弥生時代資料 |4.山口県周辺の古墳時代資料
|5.山口県周辺の古代寺院跡出土資料 |6.山口県周辺出土の銭貨
|7.石器石材参考資料 |8.考古複製・模造資料
愛媛県僧都川産頁岩

 頁岩とは堆積岩の一種で、一般に1/16o以下の細かな鉱物粒子(泥土)が水平堆積し、固結した岩石を指します。ただし石器など風化の進んだ小片資料の場合、泥岩との峻別が容易ではありません。打撃を加えると石理面に沿って層状に割れやすい性質をもつことから石器素材として頻用されていますが、火成岩たる安山岩や玄武岩などと比べ脆く、利器としての耐久性が劣るため、遠隔地への搬出は殆ど確認されていません。

愛媛県僧都川産頁岩
次へ

[ HOME ] [ 戻る ]

HOME概要利用案内展示案内イベント情報収蔵紹介リンク集サイトマップ